ALC壁に金属サイディングを張れるFS工法-FSレジン、なかなか抜けないビス




  1. FSレジン(反応性ホットメルト樹脂)を採用したこと。
  2. FSレジンが粘弾性であること。(応力緩和効果の確保)
  3. FSレジン(急速初期固化タイプ)がアンカー効果(ALC・ビス間)を増幅させた。




[FSレジン、この柔らかさがALCに最適] 前へ ← 

 FSレジン本来の使われ方とは?

 → 次へ [FSレジン、本来の使われ方をピックアップ]