ALC壁に金属サイディングを張れるFS工法 - 断熱住宅で健康も劇的改善



二重窓やエコガラスを使い、カビの発生の減少の実現の場合
心疾患 81% 減 少
気管支喘息 70% 減 少
アトピー性皮膚炎 59% 減 少
アレルギー性鼻炎 27% 減 少

この数値は「住宅を断熱仕様に改修すると有病率が劇的に形容する以外にないほどの改善が認められる・・・」の新聞報道記事です。

金属サイディング材は8つの特徴のひとつ「断熱性能」に優れています。ALC壁に特徴を生かせる金属サイディング材を得ることは、二重窓のメリットと効果が期待できます!同率断熱効果を得るための厚さ比較資料による金属サイディング1に対し、ALCは6.8となっています。

スイトFS-1工法あるいはFS-2工法で金属サイディングを張れば、断熱効果の検証は時間の問題と申せましょう。

住宅を断熱仕様に改修すると、有病率が“劇的”と形容する以外にないほどの改善が認められます・・・
家を断熱改修することによって、電力危機の克服に寄与し生活の質を向上させ、病気も減らすことができます。たとえ断熱改修はその時点では少々費用がかかっても暖房費が減少して医療費も抑えることができます。





[FS仕様で期待できる効果] 前へ ← 
 

   産経新聞に上記内容が掲載されています

 → 次へ [エコ改修を勧める新聞記事全文]